脂肪吸引なら名古屋【エースクリニック】

オンライン予約

ボディーデザインのスペシャリストが行う最先端痩身技術「ベイザー脂肪吸引」ボディースタイリングは新たな次元へ

脂肪吸引の基礎知識

美容外科の数ある施術の中で脂肪吸引は最もニーズのある施術のひとつです。これは脂肪吸引で得られる効果が他の痩身施術と比較して確実かつ大きいためです。
また、脂肪吸引では痩せても落ちにくい部分の脂肪を効率よく除去することができる点がダイエットして痩せるのとも異なります。
ネットでは脂肪吸引関連の情報も様々なものが溢れています。脂肪吸引をお考えの方はまずはこの「脂肪吸引の基礎知識」で、脂肪吸引とはどのような施術かを詳しく知りましょう。

↑ページトップへ

ベイザーの脂肪吸引

最高級の仕上がりと吸引量の多さで脂肪吸引の最高峰と評価されている「ベイザー脂肪吸引」(使用機器VASER2.0)。脂肪吸引大国アメリカでは既に650以上ものクリニックが導入していることが何よりも最高性能であることの証です。
第三世代超音波であるベイザー波により脂肪細胞がまるで「ぶどうの房からぶどうの実だけを振り落とすように」周囲組織から振るい落とされ、それを刃のない特殊カニューレで回収することで大量の脂肪吸引、滑らかな仕上がり、低侵襲が実現します。

↑ページトップへ

ベイザー 4D SCULPT

ベイザー 4D SCULPT

芸術と脂肪吸引の融合とも言える技術がVASER 4D SCULPTです。従来の脂肪吸引がただ脂肪を取り去る手術であったのに対して、ベイザー4Dでは解剖学的知見に基づいて体表面に陰影を刻んでいきます。静的な彫刻ではなく筋肉の動きにも対応した陰影を刻むことによりより自然な陰影を創りだすことが可能となりました。
筋肉の陰影と言うと、男性的なハードな体をイメージしがちですが、女性らしい美しいくびれにうっすらと筋肉のラインが見えるのが理想な女性にも非常に適しています。

↑ページトップへ

脂肪吸引の症例

笑顔がとても素敵な杉本美奈さん(24)が当院の脂肪吸引モニターに応募してくれました。
彼女は一見ほっそりして見えるとても魅力的な女性なのですが、振袖のように垂れ下がった二の腕と太い下半身が悩みの種でした。
そこで当院で二の腕と太ももの脂肪吸引の施術を受けていただきました。

↑ページトップへ

脂肪注入

脂肪吸引で除去した脂肪は、ご自身の顔や体に注入することができます。こけた頬をふくらます、胸を大きくする、お尻にハリを出すといったことを行うことでメリハリのあるボディーラインやフェイスラインを手に入れることができます。
従来の脂肪注入法では、注入した脂肪のうちごくわずかしか定着しないという問題がありました。当院では最新の脂肪注入術である「濃縮脂肪細胞注入療法(コンデンスリッチファット注入)」を導入、高い脂肪の定着率を実現し、この問題点を克服いたしました。

↑ページトップへ

ベイザーの脂肪吸引

脂肪吸引は美容外科手術の中でも最も需要の多いものの1つです。日本でも約30年前から行われ始め、着実にその技術は進歩してきました。それに伴って脂肪吸引のコンセプトにも変化があり、現在ではいかにたくさんの脂肪を取るかということよりもいかに美しいボディーラインを作るかということに主眼がおかれるようになっています。
ここ近年の脂肪吸引手術でのブレイクスルーを挙げるとすると2つあると思います。1つはベイザーで、もう1つは4D技術です。
ベイザーは特殊な超音波によって組織から脂肪を振るい落とす技術です。脂肪を遊離させることができ、それにより吸引をスムーズに行えます。ベイザーは非常に優れたツールです。特に脂肪の硬い部位や一度手術を行って癒着している部位などはベイザーを使うか使わないかでは大きな違いがあります。また、脂肪を吸引しやすくなるため、必要な皮膚切開ポイントが半分くらいで済むというのが何と言っても最大の利点です。傷は体表面に残るものなので、できる限り少ないに越したことはありません。
もう1つの4D技術は体表面に筋肉や骨格など陰影を刻む技術ですが、これもまたベイザーなくしてはできないものです。
もちろんツールと同等もしくはそれ以上に大切なものは医師の技術や感性です。例えば女性と男性では美しいと思われるボディーラインも異なります。また根こそぎ取る事が美しいわけではありません。当院ではその人にとって最も美しい仕上がりになるようにとことんこだわって脂肪吸引を行っています。脂肪吸引をお考えの場合はぜひ一度ご相談ください。